意見の対立を解決する3つのポイント

The following two tabs change content below.
『別名 : タザウルス』 起業を志す全ての人と仲良くなってみたいという野望を持つ怪獣。「起業したい!」というパワーに無限大の可能性を感じている。  ※豆知識 : 今猛烈にアベンジャーズにハマっており、日頃から自分がアイアンマンになって空を飛び回る妄想を繰り広げている。

どーも、RYOICHIです。

 

職場の上司と意見が合わない。

あの友人とはどうしても仲良くできない。

恋人とのケンカが多い。

意見の対立が起きたとき、自分の意見が分かってもらえずにもやもやしたり、ケンカになってしまったりといった経験はありませんか?

たくさんの人と触れ合って生きていく中で、意見の対立が起こるのは避けられないことです。

こんなとき、理解しておくと役に立つ3つのポイントがあります。

 

①人間関係における問題・悩みの正体

1102

世の中で起こっている、あらゆる人間関係の問題・悩みには、根本的な共通した原因があります。

それは「自分の感情(=気持ち)を理解してもらえない」ということ。

これが唯一であり、最大の原因なのです。

ということは、ここさえクリアしてしまえば、どんな意見の対立があったとしても、解決への第一歩を踏み出すことができるのです。

 

②自分の意見を横に置いて相手の意見に耳を傾ける

1103

お互いの意見が食い違ってると感じたら、頭に浮かぶままに言葉をぶつけるのではなく、一呼吸おいて相手の意見(=感情)に耳を傾けてみましょう。

どんな意見にも根拠となる感情があります。

そこを理解しないままでは話し合いにすらなりません。

相手から意見を聞き出すポイントは、一度自分の考えを横に置いておくことです。

相手が意見を言っている間にあなたの考えを横から挟んではいけません。

たとえ自分の考え方と正反対だったとしても、相手の意見の理屈が通るまでじっくり相手の意見に耳を傾けてみて下さい。

 

③相手の感情を自分自身も「共感」してみる

1104

そしてここが一番の肝。

相手の意見が引き出せたら、それを自分に置き換えて体感してみましょう

これは思っているよりも難しいことではありません。

誰でも、小説や映画の登場人物に感情移入して感動したりワクワクしたりした経験ありますよね。

それと全く同じことをするだけです。

相手が感じた感情を自分のものとして体験してみる。

そして、なんとなくでも良いから「共感」をしてみましょう。

さらに、共感できたらそれを相手に伝えてみて下さい。

人は今も昔も、それぞれが持っている複雑な感情を言葉で表現し、共感することで深くより強い人間関係を築いてきました

ただ、ここで注意してほしいのは、共感したから相手の意見に賛成ということではないのです。

共感して、それならその通りだねとなることもありますし、共感はできるけどやっぱり間違っているということももちろんあります。

ここでの「共感」は話し合いを健全に進める上での第一歩であり、自分の意見を相手にも「共感」してもらうための布石となります。

人は自分の思いを理解してくれた人の話は、素直に聞き入れようとしてくれます。

相手の意見に共感できたら、今度は「私の意見も聞いてもらってもいい?」とあなたの思いも投げかけてみましょう。

これでお互いに「共感」することができれば、解決までの道のりはぐっと縮まります。

 

まとめ

①人間関係における問題・悩みの正体は「自分の感情(=気持ち)を理解してもらえないということ」

②自分の意見を横に置いて相手の意見に耳を傾ける

③相手の感情を自分自身も「共感」してみる

 

自分の言いたいことをぐっとこらえて相手の意見に耳を傾けるというのは、意外とできていない人が多いものです。

意見の食い違いで悩んだときは、この3つのポイントを思い出してみて下さい。

ひとつ深呼吸をして、相手の感情を共感することができれば、あなたを悩ます人間関係もより良いものに変化していくことでしょう。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

『別名 : タザウルス』 起業を志す全ての人と仲良くなってみたいという野望を持つ怪獣。「起業したい!」というパワーに無限大の可能性を感じている。  ※豆知識 : 今猛烈にアベンジャーズにハマっており、日頃から自分がアイアンマンになって空を飛び回る妄想を繰り広げている。